根曲がり竹の上手な下処理と味噌汁のつくり方

「根曲がり竹が美味しい!また食べたい!!」と言っていたら、東京では入手困難な のに、長野に根曲がり竹収穫に行った友達からおすそ分けしてもらいました。

 

足が早いのではやめに食べてねと言われたので、深夜に作業… 

足が早いのではやめに食べてねと言われたので、深夜に作業… 

根曲がり竹の下処理 

アク抜きがいらないのが、いいところです。 1、先のほう(細いほう)をバキッと折ってそのまま先の方から皮を剥く。

FullSizeRender.jpg
FullSizeRender.jpg
IMG_1944.JPG

奥に見えるのが、向いた状態です。

 

2、節を落としながらカットします。 

包丁で刃を入れながら硬いところを見つけたら弾きます。

根元に近い方は、節のあたりが硬い。先の方にきたら柔らかいので節を除く必要なし。 

FullSizeRender.jpg
IMG_1946.JPG
IMG_1949.JPG

可食部分はずいぶんと少なくなってしまいます。 

 

根曲がり竹味噌汁の作り方 

材料: 

根曲がり竹、鯖缶1つ、味噌、卵 

 

1、根曲がり竹を水から火にかけます。(下処理のときに晒してた 水でOK)

2、沸騰したらそのまま数分火にかけます。 

3、鯖缶を用意して、中身を細かく潰します。 

FullSizeRender.jpg
FullSizeRender.jpg

4、根曲がり竹を茹でている鍋に、鯖缶を汁ごと全部入れます。 

5、沸いたところに溶き卵を入れて、火が通ったら完成! 

FullSizeRender.jpg