古民家での暮らし方を考える「古家事」研究はじめます

長らく関心のあったテーマについて書いていくことにしました。

古家事こばなし

高度経済成長より前の生活の知恵について知りたい。
そんなわたしの超個人的な関心です。

長らく日本の暮らしの中に根付いてきた知恵や技術って、すごいなと思うことが時々あります。

でも実はそうした経験を現役で知っているのって今の80代以上。

そう思ったら、もはや直接聞けるのはわたしたち世代が最後なのでは?

と思い始めたのです。

最近はやりの「古民家」。
そこでの暮らし方、つまり家事。
だから「古家事」なのです。

どうぞよろしくお願いいたします。


ちなみにわたくし、住まいは東京。

地方出身でして、googleマップで自宅を調べてピンを置いて、縮尺をさげるとびっくりします。

わたし東京ど真ん中に住んでる・・・。

さて、東京のど真ん中にいながらにして、田舎に残っていそうな昔ぐらしのことをメインテーマに。

ネタがないときには関心事も書きますのでお許しを。

冬の暮らしは美しい景色に出会うことが多いです。
 

それではまた明日。